「コスメポーチの作り方」
(1枚仕立て ロック始末) 
 

一番簡単なコスメポーチの作り方です。
縫い代はオーバーロック始末です。
 
動画では中サイズを作っています。
中サイズは使う生地が少なくて済むので余裕があればかなりの数が作れそうです。
ジーンズの脇ステッチの風合いを使いたかったのでその部分で裁断しましたが、そこは厚みがプラス1枚(割り)か2枚(片倒し)になってしまうので縫いずらいようでしたら接ぎ目の無い場所を選ぶのも良いですね。
 
縫い代の端始末はオーバーロックを使っています。
家庭用ミシンであれば千鳥ステッチ(ジグザグステッチ)でもOKです。
 
ファスナーは40cmを使いました。
20cmでもギリギリ縫うことは出来ますが正直かなり縫いづらいです。。。
ゆとりがあればあるほど簡単です。
 
ロック始末にすることでとにかくシンプルに作れるのがこの縫い方の一番良いところです。
ロック始末じゃちょっと嫌だなという方はもうひとつの1枚仕立ての作り方をご覧ください。


 

小 (11.5×8) グロス・リップクリーム サイズ

中 (19×12) マスカラ・アイブロー サイズ

大 (22×15) たくさん入るサイズ

SMALL (11.5×8) Lip Gloss / Lip balm size

MEDIUM (19×12) Mascara / eyebrow size

LARGE (22×15) A lot size

(cm)



動画で実際に使用した無料型紙はPDFファイルで上記からダウンロード出来ます。
ダウンロードした後にAdobeAcrobatReaderでページサイズ処理「実際のサイズ」で印刷してください。

 「ボタンホール加工」受付終了のお知らせ
当初2月20日までが最終受付日でしたが、インフルエンザによるスタッフ欠員と旧正月、そしてパリコレクションの時期が重なりこれ以上の受付が出来ない状況となり、誠に勝手ながら 1月28日をもって「ボタンホールのみのご依頼」を終了させて頂きます。
急な変更で大変申し訳ありません。
 
 縫製工場の洋裁教室
落としミシンの縫い方です。

  
 メディア掲載
LaLa Begin 8・9 2018 アイロン センタープレスの掛け方が掲載されました!

  
 メディア掲載
「マイナビ 進路のミカタ」にて縫製チーフのインタビュー記事が掲載されました!

   
 縫製工場の洋裁教室
ミシンアタッチメントのご紹介です。