「腕時計デニムベルトの作り方」 
 

ジーンズからデニム生地を使って腕時計のデニムベルトを作ります。
 
使う部分は基本的にウエスト部分のみです。
あとはデザインカスタマイズで皮やブランドネーム、セルビッチなど色味がある部分をお好みでチョイスします。
 
ベルト本体を縫う時は普通ミシン押さえより片押さえの方が良いです。
ネオバボタン(金属釦)の場所は出来るだけギリギリのとこをステッチします。
ボタンホール部分は普通押さえだと安定しません。
 
ベルトの釦留めを手前側にしたのは外側にカスタマイズデザインを見せたいなと思ったからなのですが、釦がデザイン性の高いものなら上下逆に付けてもOKです。
 
釦が付いているベルトを長くしたのはステッチをするとベルトが台形になってしまうからです。
ベルト巾よりも小さい釦であれば問題ないのですが、、、
長いベルトが台形になっても腕に付けると普通に見えます。
逆だとかなりおかしくなります。
 
撮影してから気付いたのですが、ジャストサイズに合わせるときは先に時計の棒の位置を決めてから四角形のステッチをした方が効率が良かったです、すいません。。
 
デニム以外の好きな生地をデザインで縫い付けたりすればどんどんカッコよく、かわいくなります。
ベルトの付け替えも慣れてくると30秒かかりません。
仕事の日はいつものベルトでオフの日はデニムベルト、という風に雰囲気をがらっと変えるとすごい楽しいです(^^
 
 
 
洋裁に関して知識・技術がほとんど無い仕上げアイロン担当職人が我流でパターン作成から縫製までがんばります!
参考にならない部分も多々あると思いますがご容赦ください。

 ネット穴かがり屋終了のお知らせ
サンプル縫製の多忙さとスタッフ人員不足のため、オンライン「ボタンホール穴かがり屋」サービスを終了させて頂く形となりました。
今までご利用下さったお客様には大変申し訳ない限りです。。
何卒ご理解ご協力の程、宜しくお願い致します。
 
弊社への直接のお持ち込みでのボタンホールご依頼は通常通り受付しております。
 
 メディア掲載
LaLa Begin 8・9 2018 アイロン センタープレスの掛け方が掲載されました!

 
 
 縫製工場の洋裁教室
洋服を作る上で避けては通れない58個の洋裁道具をピックアップしてみました。

 
 メディア掲載
「マイナビ 進路のミカタ」にて縫製チーフのインタビュー記事が掲載されました!

   
 縫製工場の洋裁教室
「ジャケットの縫い方」アップロードしました!