シャツのアイロンのかけ方 
  
<追記1>
2016年6月、新しく追加撮影しました。
 

IPHONE4からハンディカメラに変えての撮影。
解像度も上がり、定点撮影とズームにより細部が見やすくなりました。
細かい説明は省き簡単な解説をしながら仕上げます。
肩馬付きとテーブルタイプのアイロン台の2つを使用します。
※仕上げ前の写真取り忘れました。。。すいません。

 
 
 
 
「家庭で出来るアイロンのかけ方」をする前と後の写真をご覧ください。

シャツ(綿素材) 
ワイシャツ アイロンプレス仕上げ
ワイシャツ アイロンプレス仕上げ
ワイシャツ アイロンプレス仕上げ
ワイシャツ アイロンプレス仕上げ
ワイシャツ アイロンプレス仕上げ
ワイシャツ アイロンプレス仕上げ

横側からの写真、間違って逆で撮ってしまいました。。。
すいません。
 
家庭用のアイロンでもかけ方をしっかり覚えれば ここまでキレイにシワ無く仕上げることが出来ます。
お仕事柄シャツをよく着る方、普段からもシャツを 着るのが大好きな方は是非試してみてください。
家で洗濯した後に、自分でしっかりアイロンで仕上げた時は最高です!!
シャツの着こなし方にもはっきりと差が出ますよ。
 
 
それではシャツのアイロンのかけ方のポイントです。
 
① アイロンをする前に全体に霧吹きで水分を軽く含ませる
② アイロンはしっかり時間をかけて押す。そうするとちゃんとシワが伸びてパリっと仕上がる
③ アイロンをかける順番
 
 袖のケンボロ、カフス周り
 カフス部分
 袖本体
 脇身頃
 後身頃
 前身頃
 右、左前立て
 衿
 
それでは上の順番でアイロンをかけていきます。 

・袖のケンボロ、カフス周り ~ 袖本体

 
使っている家庭用アイロンはティファール製のものです。
今回の動画撮影を機に自宅の家庭用アイロンをこれに買い換えました。
最近はアイロン本体の前側だけでなく、後側も三角にとがっているのが多いみたいですね。
しかし僕としてはやはり前側部分をしっかり使わないとキレイにアイロン掛け出来ません。
それに後ろの四角い部分もしっかり押す際に重要です。
 
「アイロンの落とし」というのはアイロン台の端部分(縁部分)を利用した押し方です。
カフス周りはどうしても狭くなっていく部分なので、袖全部をアイロン台に乗せた状態でアイロンをかけてしまうと裏側の部分を噛んでしまいます。
それを回避しながら押す方法が「落とし」というわけです。
アイロン台に乗っていない部分はアイロンでは押すことは出来ないので、細かい難しい部分は「落とし」をうまく使いましょう。
袖本体部分を押す場合でも、これを常に心がけておくとどんな袖幅でもしっかりアイロン出来ます。
 
袖をアイロンする場合は2度アイロンします。
1回目は接ぎ目(生地が縫い合わさっている部分)を端にしてアイロンして、2回目はケンボロ部分を端にしてアイロンするとぐるり袖一周全てがキレイになります。

・脇身頃 ~ 後身頃
 
脇部分のみを押すというのは意外と知らない方が多いかと思います。
脇を開いてしっかりアイロンをすることによって、シャツ本来のシルエットが出ますので必ず押しましょう。
 
そしてなぜ裏側からアイロン?と思われた方もいらっしゃるかと思います。
 
袖本体は表側からアイロンしましたが、身頃部分は全て裏側からを基本とします。
白いYシャツなどは表から全てアイロンしても特に問題は無いのですが、これが黒色のシャツだったり、生地がコテビカリ(生地がテカってしまってテカリ自体もう取れなくなってしまう状態)の出やすい硬めの綿素材だったりすると、接ぎ目の縫代部分が全てコテビカリしてしまいます。
 
当て布を服の上に置いてアイロンするのであればコテビカリしにくくなりますが、裏側から押すことによって極力表部分がテカってしまうことを防げます。
細かい部分まで説明してしまうと、身頃というのはどの洋服でも裏側からアイロンすることによって最高のシルエットが生まれます。
実はこれがアイロンプレスにおいて一番大きな理由です。 
 
シャツだけに関わらず、ジャケットやパンツ、スカートなどもこれに当てはまります。
しかし生地が2枚以上重なっている洋服を裏側からアイロンするのは技術力が必要となりますので、慣れない間は当て布を使用して表側からアイロンすることをお勧めします。 
 

・前身頃 ~ 衿
 
前身頃の部分では、まず胸ポケットから押しましょう。
ポケット部分は生地が2枚、3枚と重なっていますのでいきなりアイロンをドンと上から押してしまうとポケット口部分や端の部分がシワシワとなってしまいがちです。
これを防ぐためにポケットの下側の右端、左端からと攻めていって、最後に中央をやはり下側から上側に向かうように押しましょう。
そうすることで生地が素直に伸びていってくれます。
 
裾をアイロンする際は裾だけをしっかり押すようにするときれいなカーブを維持しながらアイロン出来ます。
身頃本体から下に下がっていきなり押してしまうとカーブ部分がシワシワっとなってしまいがちです。
難しい部分は先にアイロンしておくとキレイに仕上がるということですね。
 
前立て部分はよく目に留まる大切な部分です。 生地が重なっているので、しっかり時間をかけてアイロンしましょう。 
 
衿部分は立体感の強い部分なので平らなアイロン台でいきなりボンっとアイロンをかけるのはNGです。
アイロン台の縁部分のカーブを利用して、かつ「落とし」もしながら2回に分けて押しましょう。
 
台衿部分は表側から、表衿(衿本体)は出来れば裏側から1回と表側から1回の計2回アイロンしましょう。
衿は一番目に留まる部分です。
ベストを着ても、ジャケットを着ても、ネクタイをしても必ず見える部分です。
バッチリアイロンで決めましょう。
 
表衿の部分のポイントですが、表側の衿(表衿)と裏側の衿(地衿)では実は生地分量が違います。
衿が返るための分量が表側に計算されて多めに取ってあります。
裏から押す場合でも表から押す場合でも必ず端から中央に向かっていくようにアイロンしましょう。
そうすることでキレイな衿が作られます。

・ハンガー吊りからのちょっとしたテクニック
 
このハンガー吊りからのアイロンですが、かなり有効なテクニックなのでご自宅でもし可能ならば動画のようにハンガーを掛けられる場所を設置しておくと便利です。
 
・洗濯したものを全てアイロンをかける時間は無い
・大体のシワだけ消せれば良い
・ニット素材などのカットソー
などなど。
このテクニックを使えばかなりキレイにシワを消すことが出来ます。
 
もちろんアイロンを使って押すのに比べれば、張り感(パリッとした状態)は全然ありません。
蒸気(スチーム)を使用してのシワ取りがメインになるので、やり過ぎるとどんどんヨボヨボになっていきますので気をつけましょう。
 
今回のシャツの場合では、しっかりアイロンを掛けてパリっとさせた状態なので蒸気を出さずにアイロンの熱のみで粗ジワを取っています。
 
 
余談ですが、アイロンはしっかり蒸気(スチーム)が出せるものを使われることがオススメです。
ショボショボした蒸気だけしか出ないとなると、このテクニックはあまり使えません。
僕が少し量販店で見た感じだと、ティファール製のアイロンが一番工業用アイロンに近い感じがしました。
しっかり調べたわけではないので、他社製でも似たような良いのがあったらごめんなさい。。
 
とりあえずのオススメの家庭用アイロンです。

 
 
ここまでで以上ですが、おまけで「工業用アイロンによるアイロンプレス」もご紹介します。

アイロンプレスをする前と後の写真です。
シャツ(綿素材、ストライプ柄)

・工業用アイロンによるアイロンプレス
 
いかがでしたか?
今回は動画撮影の時間の都合上、スピード重視でプレスしました。
本来はもう5分ほどかけてアイロンプレスをするともっと張り感のあるキレイな仕上げが出来ます。
 
※追記ですが、この動画を見てくれた知人が「これって早送り再生してるんだね」と言ってましたが、早送り再生ではないです。
iPHONE4で撮影したまま、加工一切無しでアップロードしています。
 
工業用のアイロン台にはバキューム機能が付いていますので、蒸気を出しながらしっかり熱を取ってくれるのでこのスピードとクオリティーが出せる訳です。
もちろん蒸気に関してはボイラーが別に接続されていますので、10分程連続して蒸気を出し続けることも問題無しです。
多少ダレてきますが。。
 
 
それでは。
 
このサイトに訪れたあなたが今より少しでもアイロン掛けを好きになってくれますように☆ 

 縫製工場の洋裁教室
洋服を作る上で避けては通れない58個の洋裁道具をピックアップしてみました。

 
 メディア掲載
「マイナビ 進路のミカタ」にて縫製チーフのインタビュー記事が掲載されました!

  
 アイロンプレス業務に関して
平成29年11月20日にて「 仕上げアイロンプレスのみのご依頼」に関して一旦業務を休業させて頂きます。
ご迷惑お掛けして大変申し訳ありません。
  
 縫製工場の洋裁教室
「ジャケットの縫い方」アップロードしました!