ロングカーディガン ハンガーアイロンのかけ方  
 
「家庭で出来るアイロンのかけ方」をする前と後の写真をご覧ください。

ロングカーディガン 
ロングカーディガン ハンガーアイロン仕上げ

ロングカーディガン ハンガーアイロン仕上げ

ロングカーディガン ハンガーアイロン仕上げ

ロングカーディガン ハンガーアイロン仕上げ

ユニクロで購入したニット素材のロングカーディガンです。
レーヨン100%ですね。
この手のカーディガンは洗濯しちゃうとすぐにシワシワです。
それならアイロンで押してキレイにしちゃおう!、、、っとここでご注意です。
 
ニット生地を実際にアイロンで滑らせるように押して(もしくはペタペタとアイロンを滑らせないで細かく押していく)キレイに仕上げることは可能ですが、ここでひとつ難しい問題があるんです。
ニットの生地の種類にもよりますが実はこの生地難しい性質を持ってまして、間違ってアイロンで噛んでしまうとそのシワは二度と取れないシワになってしまう可能性が高いんです。
よくあるTシャツなどのしっかりしたカットソーニットであればまだやり易いのですが、最近のカーディガンによく使われる薄いニットは少し滑らせただけでも噛んでしまいます。
 
そのためニットの場合は必ずスチームアイロンを使用しましょう。
シワというシワがあっという間にキレイに無くなっていきます。
youtubeの動画の中でもコメントしていますが、丈の長いニットは基本的に生地量が多いため重くなり伸び易くなっています。
そこに蒸気を含ませるとその重みが増してさらに伸び易くなってしまいます。
 
今回のケースでは多少伸びてもいいや!と思った人だけに向けたハンガーアイロンのやり方となっています。
絶対に伸ばしたくないという方はハンガーに掛けずにアイロン台の上に寝かせてその上からスチームアイロンをしてください。
その場合はなるだけ面積の大きいアイロン台を使用するとやり易いです。
 
 
それではハンガーアイロンをする際のポイントです。
 
・カーディガンなどの前開きのタイプは一番上のボタン、もしくは全てボタンを留めてください。それにより生地の面が作り易くなります。
 
・ニット生地なのでアイロンを持っていない方の手は生地を手のひら全体を使って張るというよりも、指でつまんだり身頃の中に手を入れたりなどした方がやり易いです。
手のひら全体で張ってしまうとテンションが強くかかり過ぎてしまうため伸びてしまう可能性があります。
 
・手を入れたりして仕上げるため蒸気による火傷に注意してください。ニットは生地密度が小さいため蒸気が全て貫通するので油断しているとすぐ火傷します。
 
 
それでは下の動画を参考にしてください。
 

 「ボタンホール加工」受付終了のお知らせ
当初2月20日までが最終受付日でしたが、インフルエンザによるスタッフ欠員と旧正月、そしてパリコレクションの時期が重なりこれ以上の受付が出来ない状況となり、誠に勝手ながら 1月28日をもって「ボタンホールのみのご依頼」を終了させて頂きます。
急な変更で大変申し訳ありません。
 
 縫製工場の洋裁教室
落としミシンの縫い方です。

  
 メディア掲載
LaLa Begin 8・9 2018 アイロン センタープレスの掛け方が掲載されました!

  
 メディア掲載
「マイナビ 進路のミカタ」にて縫製チーフのインタビュー記事が掲載されました!

   
 縫製工場の洋裁教室
ミシンアタッチメントのご紹介です。