ガウチョパンツ アイロンのかけ方  
 
「家庭で出来るアイロンのかけ方」をする前と後の写真をご覧ください。

ガウチョパンツ(ポリエステル素材) 
ガウチョパンツ ハンガーアイロン仕上げ

ガウチョパンツ ハンガーアイロン仕上げ

ガウチョパンツ ハンガーアイロン仕上げ

ガウチョパンツ ハンガーアイロン仕上げ

最近ではすっかり定番アイテムとなってきたガウチョパンツ。
素材はポリエステル96%、ポリウレタン4%です。
テロテロした生地のため基本的にはシワは付きにくいですが洗濯したり何度も履いていくと細かいシワがたくさん付いてしまうと思います。
そんなときこそスチームアイロンを使ったハンガーアイロンが一番効果的です。
この手の生地はアイロンで直に押してしまうと黒光りするアタリがはっきり出てしまうので。。
 
それではハンガーアイロンの際のポイントです。
 
・ボトムスハンガー(ピンチハンガー)はピンとウエストが張れている状態で、かつ必ず左右対称の位置で押える。
 
・左手(アイロンを持っていない方の手)をうまく使って生地が伸びない程度に張れている状態を作ってその部分にアイロンを軽くなぞるようにスチームを当てる。
 
・ウエストから股下までの部分は生地を張るのが難しいためあまり深追いせず、張れてない状態で良いのでしっかりスチームを当てる。
 
ポリエステル素材がメインであればうまく生地が張れていない状態でもほとんどシワは消えますので、がんがん蒸気を当てていきましょう。 
 
 
それでは下の動画を参考にしてください。

 「ボタンホール加工」受付終了のお知らせ
当初2月20日までが最終受付日でしたが、インフルエンザによるスタッフ欠員と旧正月、そしてパリコレクションの時期が重なりこれ以上の受付が出来ない状況となり、誠に勝手ながら 1月28日をもって「ボタンホールのみのご依頼」を終了させて頂きます。
急な変更で大変申し訳ありません。
 
 縫製工場の洋裁教室
落としミシンの縫い方です。

  
 メディア掲載
LaLa Begin 8・9 2018 アイロン センタープレスの掛け方が掲載されました!

  
 メディア掲載
「マイナビ 進路のミカタ」にて縫製チーフのインタビュー記事が掲載されました!

   
 縫製工場の洋裁教室
ミシンアタッチメントのご紹介です。