スウェードスカート ハンガーアイロンのかけ方  
 
「家庭で出来るアイロンのかけ方」をする前と後の写真をご覧ください。

スウェードスカート 
スウェードスカート ハンガーアイロン仕上げ

スウェードスカート ハンガーアイロン仕上げ

スウェードスカート ハンガーアイロン仕上げ

スウェードスカート ハンガーアイロン仕上げ

ウエスト部分がサテン素材、ウエスト下部分本体がスウェード素材のスカートです。
ベージュ色というのはどうしてもシワや粗ジワと言われるものが目立ちます。
人間の目から見ても相当目立つのですが、写真だと尚のことすごい目立ちます。。(苦笑
 
少しわかりづらいかもしれませんがだいぶ綺麗に仕上がっています。
特に後身頃の座った際に出来る座りシワなんかほとんど取れます。
 
スウェードの生地は起毛のためにアイロンで押して仕上げることは不可能です。
もしアイロンで押してしまうと毛が全て潰れます。
そのためスチームアイロンを利用して仕上げます。
 
スウェード素材のスカートってすごいかわいいと思うのですが、ボトムスのため座って付くシワが一番ネックになります。
だからといってシワを残したまま履き続けるのもちょっと。。。って感じですよね。
ご家庭でも蒸気量が多いスチームアイロンを使えばこれだけキレイにシワが取れますので是非試してみてください。
 
 
それではハンガーアイロンの際のポイントです。
裏地は見えない部分なのでアイロンしなくても大丈夫ですが、それでもついでなのでひっくり返してまず裏地だけをキレイにしてもいいかと思います。
表をハンガーアイロンする場合はアイロンを絶対にスウェードに触れないようにしてください。
これだけで毛が潰れてしまいます。
シワがひどい部分はアイロンを持っていない方の手でちゃんとシワのない状態に生地を張ってから蒸気を当ててください。
 
ウエストヨークがサテン生地の場合などは軽く蒸気を当てる程度にしておきましょう。
当て布を使ってアイロンを押してキレイにすることも出来ますが、かなりの技術力を要します。
 
 
それでは下の動画を参考にしてください。

 「ボタンホール加工」受付終了のお知らせ
当初2月20日までが最終受付日でしたが、インフルエンザによるスタッフ欠員と旧正月、そしてパリコレクションの時期が重なりこれ以上の受付が出来ない状況となり、誠に勝手ながら 1月28日をもって「ボタンホールのみのご依頼」を終了させて頂きます。
急な変更で大変申し訳ありません。
 
 縫製工場の洋裁教室
落としミシンの縫い方です。

  
 メディア掲載
LaLa Begin 8・9 2018 アイロン センタープレスの掛け方が掲載されました!

  
 メディア掲載
「マイナビ 進路のミカタ」にて縫製チーフのインタビュー記事が掲載されました!

   
 縫製工場の洋裁教室
ミシンアタッチメントのご紹介です。