「トレンチコートのバックルベルトの縫い方」 
 

トレンチコートのバックルベルト(共布のアジャスターサルカン付き)の作り方です。
 
今回は粗裁ちしてから芯地を貼り裁断しています。
パターンよりも1cm程(アイロン熱で縮む分量)大きく裁断してから芯地を貼り、裁ち合わせをするでもOKです。
 
ピン付きのバックルの場合は菊穴かハトメカン(アイレット)のどちらかでピンを通しますが、バックルを縫い止める部分だけは金属のハトメカンではなく菊穴、もしくはネムリ穴(シャツ穴)でピンを通します。
 
今回共布サルカンは中縫いで作りましたが、ループ返しを使って縫い返すのが面倒ということであれば四つ折りなどでもOKです。

 縫製工場の洋裁教室
オープンファスナーの縫い方(ムシ見せ)です。

 
 縫製工場の洋裁教室
トレンチコートのバックルベルトの縫い方です。

  
 メディア掲載
なないろ日和! 『洋服のシワ どうする?』 2019年3月4日(月)09:26~11:13 テレビ東京
仕上げ担当がアイロンの掛け方をご紹介しました。

 
 「ボタンホール加工」受付終了のお知らせ
ボタンホール加工のみの受付は2019年2月20日を持ちまして終了いたしました。
   
 メディア掲載
LaLa Begin 8・9 2018 アイロン センタープレスの掛け方が掲載されました!