オールインワン(サロペット) ハンガーアイロンのかけ方  
 
「家庭で出来るアイロンのかけ方」をする前と後の写真をご覧ください。

オールインワン(ポリエステル素材) 
オールインワン(サロペット) ハンガーアイロン仕上げ

オールインワン(サロペット) ハンガーアイロン仕上げ

オールインワン(サロペット) ハンガーアイロン仕上げ

オールインワン(サロペット) ハンガーアイロン仕上げ

着る人をほんとよく見かけるようになったオールインワンです。
呼び方もサロペット、コンビネゾン、ロンパースなど厳密に言えば違うのですがメーカーによって呼び方は様々なようですね。
カジュアルシーンから結婚式の2次会などのパーティーなどでも着れるようなデザインがあったりと今では着る場面が多様化してきた便利なアイテムです。
ただトップスとボトムが繋がっているデザインのためアイロンを直に押してプレスするのはかなりの技術力を必要とします。
 
というよりも家庭でアイロンするのはほぼ無理があるかも・・・
こういうときはもうハンガーアイロンしかないですね。
ポリエステルやレーヨン素材でも家庭で洗濯出来るものであれば、クリーニング屋さんに出さなくても自分でまたキレイにすることが出来ます。
 
今回はポリエステル100%のオールインワンです。
一度着てしまうとやはりシワが付いてしまいますが、スチームアイロンを使ってすぐに元通りです。
 
それではハンガーアイロンをする際のポイントです。
 
・トップスとボトムがくっついていますが、それぞれ違うものだと思ってトップスを仕上げた後にボトムを仕上げます。
 
・袖無しのデザインのためアームホール(袖ぐり)付近はアイロンを持っていない方の手を使うのが難しく、無理をすると火傷してしまうのであまり深追いしない。
 
・リボンが結ばれてたり、ドレープなどの立体的なカーブがあったりする場合は深追いせずそのままの状態でたっぷり蒸気をかけましょう。
 
 
それでは下の動画を参考にしてください。

 縫製工場の洋裁教室
中縫いパッチポケットの縫い方

 
 縫製工場の洋裁教室
工業用ミシンの使い方

 
 縫製工場の洋裁教室
両玉縁ファスナーポケットの縫い方

  
 「ボタンホール加工」受付終了のお知らせ
ボタンホール加工のみの受付は2019年2月20日を持ちまして終了いたしました。